ワーゲンゴルフ(VWゴルフ)は査定次第で買取価格が大きく変わる

国産車と違い、輸入車はを中古車として売却する際には、査定方法や売却先に注意する必要があります。輸入車、外国車は、中古車店や車買取業者間でも査定価格の差が出やすい車が多く、今回紹介のフォルクスワーゲンゴルフ(VWゴルフ)は、輸入車の中でも売却しやすい車種ですが、それでも査定方法や売却先によって20万円以上の差額は普通に出てくる車です。

 

ワーゲンゴルフは、年式もグレードも多く、査定価格も様々で、年式によっては査定価格が幾らくらいになるのかの見当もつかない事も有ります。
初代ゴルフは、1974年に発売されています。2017年現在、7代目ゴルフまで発売されているロングセラーモデルと言えますね!ですのでワーゲンゴルフと言っても年式、グレード、程度も様々ですので、査定価格の予測が分かりにくく、1社だけの査定では比べるものがなく、査定価格が適正なのかの判断に困ることもあります。

 

ワーゲンゴルフの売却を検討されているのなら1社だけの査定での売却は避けた方が良いですね!出来れば2社、3社以上の査定依頼して査定価格を比べることをおすすめします。

 

ワーゲンゴルフは、何度も言いますが、査定を取る業者によって大きく査定価格が変わる車種だと言えます。特にワーゲンゴルフの中古車は、探している業者も多く、探しているゴルフとあなたのゴルフがビンゴした場合は、買取価格が相場よりも高くなることも少なくありません。
このような理由からも複数査定が有利な売却に繋がることはご理解頂けると思います。
そこで、当サイトがおすすめするワーゲンゴルフの査定方法が、ネットで簡単に複数業者の査定依頼が出来る車買取一括査定サイトです。車買取一括査定サイトの中でも輸入車やワーゲンの買取に強い車買取一括査定サイトを紹介していますので、是非この機会にあなたのゴルフの査定をお取りください。もちろん完全無料でご利用できるサービスだけ紹介しています。

 

VWゴルフ年代別無料査定

4代目ワーゲンゴルフ 5代目VWゴルフ

4代目ゴルフ無料一括査定

5代目ゴルフ無料一括査定

6代目ワーゲンゴルフ 7代目VWゴルフ

6代目ゴルフ無料一括査定

7代目ゴルフ無料一括査定


ワーゲンゴルフ(VWゴルフ)GTIの査定、売却体験

2012年式のワーゲンゴルフを売却した体験談を書きたいと思います。ワーゲンゴルフの売却をお考えの方の参考になれば嬉しく思います。
ワーゲンゴルフGTIはゴルフの中でも人気のグレードで、大事に乗ってきた愛車でした。売却はしたくなかったのですが、家族が増え、子供も大きくなってきたことで、車が手狭になってきたこと、近年のミニバン人気でミニバンへの買い替えを検討していました。
2回目の車検も近づき、売却するタイミングと欲しかったヴェルファイアのモデルチェンジが重なり、買い替えのチャンスではないかと、トヨタのディーラーに愛車のワーゲンゴルフGTIの下取りをお願いしたところ、ヴェルファイアの購入の条件でも、期待していた査定価格には程遠い価格が提示され、ゴルフの売却したお金を頭金にすることを決めていたので、少し予定が狂い始めて買い替えを諦める方向に気持ちがなっていくのでした。

ヴェルファイアからヴォクシーへ買い替え車種を変えようとも考えましたが、ヴォクシーを買うくらいならゴルフを乗り続ける方が良いと思いもう少し高く買取してくれる業者はないのか、ネットで検索したところ、ガリバーやビッグモーターなどの査定サイトや一括査定サイトなどが検索でき、いろいろ読んでいくと、中古車を高く売る方法などで紹介されている車買取一括査定サイトというのに行き当たりました。

 

外車、輸入車の査定が可能なのかは少し不安でしたが、登録画面にはVWゴルフも登録できなので、査定登録してみたところ、すぐに電話がなり、大手の買取チェーン店からの連絡がきて、ゴルフの詳細などを聞かれたので、詳細を教えたところ、幾らくらいの買取価格です、現物を見てみないと正確な買取価格はわかりませんが、今の情報ならこれくらいでは買取可能です。と言われました。
そこ後も、電話で、問い合わせが6、7社くらい来たと思います。
そこ後の対応もネットで書かれていた通りに同じ日に、査定に問い合わせのあった業者に規定頂くことに、、、7社ほど連絡は有りましたが、実際に出張査定に応じてくれたのが5社でした。
当日は、同じ時間に査定して頂いて、査定価格を紙に書いてもらい、その中から一番高い査定業者を選ぶ方法にしました。これもネットの情報です。
最初の電話の査定価格が、トヨタの下取りよりも大幅に高かったので、前向きに売却を考え直すことが出来、実際、出張査定でも納得できる査定価格を提示してくれました。

 

2012年のVWゴルフGTIは人気があるそうで、年式的にも売れやすいモデルだそうです。
ただ、ヴェルファイアの納車までの間、車のない生活をすることになりましたが、高く買ってくれる時に売却する方が賢明だと思い、すぐに売却しましたが、業者によっては納車まで待ってくれる業者もあるそうです。しかしその間に事故や故障でもすることも考えられるので、早く手放すことにしました。
今回のワーゲンゴルフGTIの買取価格は、199万円でした。走行距離も少なく程度にも自身が有ったので納得できる金額で売却できたと思います。
ヴェルファイアの新車は、500万円近かったので300万円近い追い金が必要でした、もちろんローンですが・・・・

 

 

上記の様な売却体験談は、これからワーゲンゴルフを売る方には参考になると思います。中古車というのは新車と違い、1台、1台全く違います。同じ年式、同じグレード、同じボディカラーでも程度や走行距離などで中古車の価値、価格は大きく異なります。
また、中古車販売業者の評価も同じ車でも異なります。
中古車を売却する際には、1社だけの査定で売却することは出来るだけ避けた方が良いですね!最低でも3社以上の査定を比べてみる必要があります。
特に今回紹介のVWゴルフなどの輸入車、外車の中古車の評価、査定価格は業者間で大きく変わることが多いので、複数業者の査定は必須だと思います。

ワーゲンゴルフ(VWゴルフ)を高く売るコツ!

ワーゲンゴルフは、輸入車、外車の中では、輸入台数も多く国産車と変わらない扱いの車種だと言えます。
輸入車は、正規輸入代理店の車でしか、中古車としての売却の際に査定で不利になることがほとんどです。
並行輸入車の外国車は、中古車として相場よりも安くなります。

 

ワーゲンゴルフの場合、ほとんどが正規代理店の輸入車だと思いますので、正規車種として進めていきたいと思います。
ワーゲンゴルフは、輸入車の中でも新車販売台数も多く、中古車市場にも多く流通しています。年式、グレード、走行距離で中古車価格の幅も大きいのですが、中古車買取査定も大きく価格が変わると言えます。

 

ワーゲンゴルフと言っても初代ゴルフは、1974年に発売されています。初代ワーゲンゴルフは、1974年から1992年まで発売されたモデルです。
2代目ワーゲンゴルフは、1983年から1992年まで発売されたモデルで、初代ワーゲンゴルフと発売時期がかぶっています。
3代目ワーゲンゴルフは、1991年から1997年まで発売されたモデルです。
4代目ワーゲンゴルフは、1997年から2006年まで発売されたモデルで、中古車市場でもまだ多く販売されているモデルです。
5代目ワーゲンゴルフは、2003年から2009年まで発売されたモデルです。
6代目ワーゲンゴルフは、2008年から2012年に発売されたモデルで、中古車市場で多く流通しているモデルと言えます。中古車として売却しやすいモデルだとも言えます
7代目ワーゲンゴルフは、2012年から発売されている現行モデルです。

 

以上のようにワーゲンゴルフも年代別に中古車市場での売却にの際には考える必要があります。初代から3代目ワーゲンゴルフは、年式的には、中古車としての価値はほとんどなくなっていますが、古いゴルフを探しているマニアなども多く、一概に年式だけで売却できないとは言えません。

 

年代別、タイプ別でみてもワーゲンゴルフは多くのタイプが有るので、中古車として売却する際には、査定価格や買取相場を知ることから始めたいですね!売りたいワーゲンゴルフのおおよその買取相場が分かれば、幾らくらいで売ることが出来るのか、または幾らなら売るなどの価格設定が出来ます。
幾らでもも良いので売却したいのならワーゲンのディーラーで買取して頂くのが簡単でいいと思いますが、少しでも高く売りたいの思われるのなら、情報は出来るだけ手に入れておきましょう!
情報を入れると言ってもネットなどを利用すれば幾らでも情報は入手できますが、本当に欲しい情報は、あなたが売りたいワーゲンゴルフが幾らの査定が付くのかです。

 

その為に、まず利用するのがネットの中古車査定サイトです。中でも複数業者の査定なら確実にあなたのワーゲンゴルフの評価が出来るでしょう!
車一括査定サイトで、あなたのグル負の情報を入力してあなたのゴルフに興味のある業者からの査定を複数依頼すれば、今現在の買取価格、査定価格の一番高値を知ることが可能だと思います。
その価格に納得が出来れば売却すればいいですし、納得できなければ売却する必要はありません。
※車買取一括査定サイトの利用方法は、上記でも紹介していますので参考にしてください。

 

 

ワーゲンゴルフ(VWゴルフ)の買取に強い車買取一括査定サイト

かんたん車査定ガイド

 

輸入車、外国車の買取査定にも実績が豊富で、高値査定が期待できる車買取一括査定サイトが、かんたん車査定ガイド
全国に提携業社があり、大手中古車チェーン店や大手車買取チェーン店などとも提携しているので、ワーゲンゴルフの査定も高値が出やすいと言えます。

 

輸入車の中古車査定は、査定価格が出にくいと言われていますが、かんたん車査定ガイドの一括査定を利用すれば、あなたが期待する買取価格を引き出すことが出来るかもしれません。
簡単な登録で、ワーゲンゴルフの複数査定を受けることが出来るサービスで、すぐにおおよその買取価格もわかります。買取相場を知り、査定での交渉を有利に出来る車買取一括査定サイトで、ワーゲンゴルフを高く売りませんか?

 

       

 


カーセンサー.net簡単ネット査

 

車買取一括査定サイト中でも最大級の提携業者数、情報量を誇るカーセンサーネット簡単査定
国内最大級の中古車情報サイトを運営しているカーセンサーの車買取一括査定サイトですので、全国に提携業者も多く、今回紹介のワーゲンゴルフの中古車買取にも実績が豊富です。

 

1度の登録で最大30社の査定依頼も業界トップクラスで、出来るだけ多くの査定を希望される方にはおすすめです。
特に地方の方のワーゲンゴルフ売却には、カーセンサーネット簡単査定はお役に立つと思います。

 

       

 


ズバット車買取比較

 

車買取一括査定サイトの中でも利用者数の多く、利用者の満足度も高い人気のサービスがズバット車買取比較
提携豪者数も多く、大手車買取チェーン店から地域密着の中古車店まで全国に多くの提携業者あり、輸入車、外国車の専門店や買取に強い業者とも提携しています。

 

150社以上の提携業者からあなたのワーゲンゴルフに興味のある業者を探し、高値買取査定の業者を見つけることが出来ますよ!
もちろん、無料でご利用頂けるサービスで、女性でも簡単に利用できますよ!

 

       

国産車よりも輸入車の査定を有利にするコツ!

輸入車は、国産車よりも中古車での売却では不利になることが多いと言われますよね!
輸入車の中古車が査定の買取価格が出にくい理由の1つが正規輸入車かそうでない(並行輸入車)かが大きく影響するからです。正規輸入車の場合、国産車と変わらない中古車としての価値、査定価格、もしくは国産車よりも有利な査定も出来ると思います。
逆に正規輸入車ではない外国車、俗に言う並行輸入車と呼ばれる外国車は、中古車市場では売却しにくく、中古車店、車買取業者でも査定価格は低くなります。

 

このような理由で輸入車、外車は、中古車で安い査定が出るという噂が有ります。しかし、最近の輸入車、外国車は性能向上、故障も少なく、国産車よりも人気の高い中古車も多くなっています。
特に今回紹介のワーゲンゴルフなどは、国産車、日本車と同等、それ以上の人気と需要で中古車査定価格は高い輸入車だと言えます。

 

年式の古い輸入車や並行輸入車は、中古車市場では需要が少なく買取価格、査定価格がほとんどない中古車も多くありますが、輸入車の中には希少価値や人気モデルなどの場合、中古車流通台数が少ないモデルなどは査定価格も高く、査定方法では高く売ることが出来る輸入車も多くあります。輸入車だから査定価格が低くなると思われている方も多いのですが、高評価で高い査定ができる輸入車も多く、輸入車専門の中古車店などでは、高値査定を引く出すことも可能です。

 

国産車、輸入車を問わず、中古車を有利に査定する方法は、複数査定、多くの業者に査定を取ることだと思います。この方法で、あなたが売ろうとしている車を買いたいと思う業者を探すことが出来、より有利な査定に繋がります。
国産車よりも有利な輸入車の査定という見出しですが、輸入車、国産車にこだわらずに、その車の今現在の最高価格の評価で売ることが有利な査定だと思います。

 

 

現行モデル以外のワーゲンゴルフの査定

ワーゲンゴルフは、初代モデルから2017年現在、7代目ワーゲンゴルフまで発売されています。年式的にも中古車として売却出来ないモデルもあります。
中古車市場は、10年、10万キロで価値が半減、無くなると言われています。特に輸入車、外車は、年式には敏感で、10年落ち以上の輸入車の中古車は、中古車販売店でも売りにくいので買取には消極的になることもあります。
ワーゲンゴルフで年式的に中古車査定で期待できるのは、5代目ゴルフ(フォルクスワーゲン)以降ではないでしょうか?5代目ゴルフは、2003年から2009年までの発売で10年をまたいでいるモデルです。後期モデルや程度の良いモデルは、中古車としても需要はあり、査定価格もそれほど高くありませんが、買取可能です。

 

6代目のワーゲンゴルフが中古車市場では流通台数も多く需要が高いモデルとして中古車店、車買取店の査定も期待できるモデルだと言えます。査定方法や売却先次第では、買取価格の差が大きくなるモデルですので、査定、売却の際には注意してください。


ワーゲンゴルフ オーナーズボイス、ゴルフの魅力を見直す

 

もともと車好きで、免許を取得する前から、いろいろな車を検索していましたが、一番最初から気になっていたワーゲンゴルフを免許取得とともに、購入しました。
右ハンドルしか教習所で習いませんでしたが、左ハンドルのワーゲンに興味があった為、左ハンドルを選択し購入したのですが、いざ乗ってみたら、とても運転しやすく、何年か乗りました。
それから今度、車の買い替えを考えた際もまた違う年代のワーゲンゴルフの左ハンドルを購入したぐらいです。こんなにワーゲンゴルフにハマった理由としては、ボディも頑丈だし、見た目もかっこよく、小回りもきき、左ハンドルという周りの年代の子があまり乗っていなかったことも選んだ理由です。
ですが、出産を機に、手放す事を考えました。家族が乗り慣れていない左ハンドルやガソリンもハイオクを使用していた為、将来のことを考え、外車を一旦離れ、ファミリーで乗れる車にするという家族会議で決まったことによるものでした。まだまだ未練がありますので、子育てが落ち着いたらまた次もワーゲンゴルフを検討したいなという気持ちがあるほどです。こんなにワーゲンゴルフが好きになるとはなんか不思議ですが、実際乗った事がある方は、同じような気持ちの方もいらっしゃるかもしれませんね。


 

 

私が幼い頃から、父がずっとVWゴルフを乗っていました。父も友人に勧められ、すぐにハマってしまったようです。今は他のドイツ車に乗っていますが、いつかはまたVWにもう一度戻りたいそうです。

 

そんな父の影響で私もVWが好きになりました。デザイン、そしてなんと言ってもあのエンジン音。

 

幼い頃、父が仕事から帰ると、他の車とはちょっと違う音で、父の帰宅を知らせてくれました。その音を聞く度に窓を開け、兄弟たちとおかえりーと喜んだものです。それがVWゴルフ一代目で、赤くてかっこいいものでした。

 

そして二代目はVWゴルフGLi91年式ですが、家族に内緒で購入していました。男はそういうものらしいです。

 

サンルーフが開けられて、子供ながらにかっこよく見え、自慢の車でした。

 

その車でたくさんのところに家族旅行にへ出かけました。

 

私が免許を取得した18歳の頃、父がそろそろ車を買い替えるというので、そのVWゴルフを譲り受けました。その車で友人とドライブや旅行、たくさんの思い出を作ることができました。大学を卒業する頃にはもう大分古くなっていたので、修理よりも廃車という選択をしました。とても愛着のある車だったので寂しかったです。

 

今は結婚し子供もできたので、維持費や動きやすさを考え、私の車は軽自動車です。

 

でもいつかまた、VWに乗りたいと思っています。


 

 

子育てが終わり、夫婦2人で乗ることを考えた時に欲しいと思ったのがワーゲンのゴルフ。外車の中でも親しみがあり、ほどよい高級感と落ち着きがある印象を持っていたからです。最初に購入したのはセカンドカー用の中古のワーゲンゴルフX。レザーパッケージに一目惚れしてしまいました。
丁寧に作り込まれた内装と落ち着いた走りが気に入り、それからゴルフの虜に。次の乗り換えの時期には、新車のワーゲンゴルフVII TSIハイラインを選びました。精悍な顔つきや飽きのこないエクステリア、洗練されたインテリアもお気に入り。ドアを閉めた時の「バン」ではなく「ブァン」(文字表記が難しいのですが・・)という安っぽくない音も好きです。
実際に乗っていると、ほどよくコンパクトな大きさと視界の良さで、女性の私でも本当に運転しやすいです。
またドライブを楽しむことができる様々な安全装備にも助けられます。今では様々な車に搭載されている追突防止ブレーキはもちろん、ハイラインに標準装備であるレーンキープアシストシステムやオートクルーズなどなど、長時間のドライブや渋滞中でも疲れを軽減してくれます。ゴルフVIIは奇抜さには欠けるかもしれませんが、だからこそある程度の年齢を重ねた大人の夫婦が乗っていて様になる、落ち着いた上質な車だと感じています。


 

 

フォルクスワーゲン・ゴルフは男性にとても人気の車ですが、実は女性からも支持の高い車です。

 

私も女ですが、その魅力に惹かれ買ってしまいました。

 

もともと普通車を探していて初めは候補に全然上がっていなかったのですが、実際にワーゲンゴルフを試乗してみた結果、見た目の絶妙さと乗った時の軽量感が好きで購入を決意した感じです。

 

 

 

私が購入したのは、フォルクスワーゲン・ゴルフのザビートルです。

 

綺麗なカラーで光沢感漂うホワイトを選びました。

 

ワーゲン ザビートルの魅力は何と言っても、女性受けも良い丸みを帯びた可愛らしいスタイルです。

 

また、燃費が良いのも嬉しいですね。

 

国内の車よりは少し値段が張りますが、それでもこの見た目の可愛らしさはワーゲン・ゴルフにしか出せないと感じています。

 

ドイツ車は信頼性も高いので安心なんです。

 

カラーも7色あって、どの色も綺麗だったのですが安定の白にして良かったと感じています。

 

普通車なのにも関わらず見た目よりコンパクトなので小回りも効いて走りやすく充実しています。

 

高速を走らせる際もスピードが良く出るのでストレスフリーだと感じています。

 

最近、タイヤのホイールも変えたので雰囲気も少しシャープな印象に変わりました。

 

ファッションで言う甘辛コーデのような出来上がりに大変満足しています。

 

 

 

外車の魅力に気付いてから他の車は乗れなくなりました。

 

次買う車も、フォルクスワーゲン・ゴルフにしたいので今から貯金しています。

 

是非あなたも一度試乗してみてはいかがでしょうか。


 

 

私がワーゲンゴルフを乗っていたのは今から8年ほど前の事です。当時、別の車に乗っていたのですが事故って廃車にしてしまい、友達と車屋に中古車を見に行きました。そこであったのが、ワーゲンゴルフの青色でした。今まで特に外車に興味があった訳でも、フォルクスワーゲンが好きだったのにわけでも無いですが、パッと見て外見が気に入って即購入を決めてしまいました。

 

外車はボディが丈夫に出来ていて、少しくらいの自己では大破することはないと聞いたので事故って廃車にした直後の私にはそれも理由の一つになったのかなぁと思います。

 

さて、いざ購入し乗ってみると、ハンドルは右でしたが、ウインカーとワイパーの位置が逆!右手側がワイパー、左手側がウインカーだったのです。これになかなか慣れることができず、何度交差点でワイパーを動かしたかわかりません(笑)

 

あと、驚いたことは、急に運転席の窓ガラスがドアの隙間に落下していったことです。わかりずらいかも知れませんが窓を開けた時に窓ガラスが収納される場所にストンとガラスが落ちて上がって来なくなりました。ワーゲンでは結構起こることらしく修理をするのにお金がかかりました。

 

あとはバッテリーが故障した時に3万円ほどかけて修理しましたがその1月後にエンジンが壊れてご愁傷さまでした。あまりいい思い出はありません。外車のデメリットは故障した時に、在庫が無いことが多く、修理代が高くなってしまうところでしょう。

 

参考にしていただければ幸いです。